樋田容疑者

スポンサーリンク
アメコレ


大阪府警富田林署から樋田(ひだ)淳也容疑者(30)が逃走した事件で、樋田容疑者が逃走後に知人宛てに

書いたとみられるメモが兵庫県尼崎市内に置かれた知人の自転車に残されていたことが捜査関係者への取材で分かった。

発見されたのは逃走2日後の8月14日。

府警は、樋田容疑者が知人に逃走を助けるよう依頼する意図があったとみて調べている。

樋田容疑者は8月12日夜、署で弁護士と接見後、面会室のアクリル板を壊して逃げた加重逃走の疑いで指名手配されている。

捜査関係者によると、樋田容疑者の知人男性が14日夜、自分の自転車に乗ろうとした際、

ハンドル付近にメモ用紙が挟まれているのに気付き、8月下旬に府警に伝えた。

「敵には絶対に見せないで」「逃げ続けるか捕まるか迷っています」などと書かれていたという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer